2020年岐阜のお店 10月11月開店閉店情報
カフェ

【水の音】和の空間が素敵なギャラリーカフェでハンバーグランチ&カフェ【岐阜市】

【2020/6/21 再訪】カフェでスイーツを食べてきました。

【水の音】伊奈波神社近くのカフェ&ギャラリー

岐阜市末広町にあるカフェandギャラリーは、とても落ち着ける空間。友人が教えてくれて、一緒に訪問しました。ゆっくりと作家さんの作品を見たり、ランチをいただけます。ケーキなどカフェメニューもありますよ。築100年を越える町屋を改装して、2017年にオープンされたそうです。カフェの名前が「水の音」で、ギャラリー名は「CHA-CHA NOTE inaba」。

こちらがカフェアンドギャラリーの建物。趣のある建物です。

こちらはギャラリーオンリーの建物。こちらもカフェとはまた少し違っていて、風情があります。

カフェとギャラリーの間には、長良公園から流れてきている水が流れる用水路があります。なんだけいい景色だなと思っていたら、この流れる水の音から店名が決まったそうです。

【水の音】へのアクセス

名鉄岐阜駅からは国道256号線を北進して「矢島町1」交差点を右折します。次に、「伊奈波通1」の信号を越え、最初の道を左折。10mほどで左側に水の音の駐車場があります。店舗はその北側です。

水の音の駐車場は、店舗の裏側に6台分あります。満車の時は、近隣のコインパーキングにとめましょう。

○店内の様子

御座敷に上がると、テーブル席が並んでいます。和の空間が広がっていて、静かに時が流れるような気がします。

建物の天井は低めですので、その点ご注意ください。

【PR】 【PR】

【水の音】のメニュー

ランチメニューやおもしてなしメニュー(要予約)に、ケーキセットなどもあります。ランチはドリンク付きです。

※2020年6月訪問時点のメニュー・価格です。

【PR】 【PR】

【水の音】ランチの手作り煮込みハンバーグをいただきました

友人とギャラリーの作品を見たり、写真を撮らせてもらったりしながらランチが出来上がるのを待ちます。もっと見たかったけれど、ちょうど作家さんの取材が入ったようで、カフェに戻ります。

ちょうどハンバーグができたようです。今回は、ランチの「トマトソース煮込みのハーブハンバーグ」(1,200円)です。

鉄板に乗ったトマトソースの手作りハンバーグ。ソースをたっぷりつけていただきます。肉の旨味もでて、ソースといいバランスになります。

お肉感のあるハンバーグはやや小ぶりではありますが、丁寧に作られているのが伝わってくるようです。

プレートには雑穀米やサラダ。盛り付けもお洒落ですね。「作家さんも食べるんだけど、こだわりが強い人が多くてね。段々手が込んできました」と笑いながら話す店主さん。

ちなみに。ランチには、珈琲か紅茶がついてきます。珈琲はアイスとホットでは豆を替えたりとこだわってみえます。カフェで使用の器は作家さんのものを使ってみえます。

「ギャラリーも観られて、1,200円なら、お値打ちだね」と友人と話しながら、お店をあとにしました。ご馳走さまでした。

【水の音】カフェでスイーツを堪能

素敵なお店だねと友人と話していて、再訪してきました。前回はランチだったので、カフェ利用してみました。

ケーキセットは基本800円。日替わりケーキとコーヒーか紅茶、中国茶から選べるとのこと。今回はご厚意(わがまま)で、ドリンクをに通常ではセットにはしていない「ライチ紅茶」にしてもらいました。ケーキは「抹茶のモンブラン」です。(画像がピンボケしてます、、、すみません)

抹茶のモンブランがめちゃくちゃ美味しかったです。抹茶の香りとほどよい甘さは、らいち紅茶と相性がよかったです。

ライチ紅茶はアイスで。ライチの香りがよく、さっぱりとした飲み口。ケーキセットなら、砂糖もなしで、ストレートがいいかと思います。

 

【水の音】ギャラリー【CHA-CHA NOTE inaba】

カフェスペース1階に展示されていたもの。個性豊かなアイテムが販売してあったり、展示されています。作家さんの紹介カードもありました。気になるものがあれば、チェックですね。

中国茶の販売もしていました。ジャスミンティーやあまり聞いたことのなかったライチ茶なんてものも並んでいました。

カフェの2階はふじい製作所さんの木工展を開催していました。木のぬくもりが伝わってくるものが、ずらりと並んでいました。

さりげなく展示されているオブジェもまた素敵です。

別館のギャラリーでは、訪れた日は3人の作家さんの作品が展示されていました。

カフェオーナーの奥様は、韓国の伝統工芸品の「ポジャギ」の講師をされているそうでギャラリーに展示されていました。さまざまな色の布をつぎはぎしていくと、お洒落になりますね。「ポジャギ」とは、物を包んだり覆ったりする布のこと。

 

個性豊かな作品ばかりで、飽きることがありません。


こんな素敵な書斎で、美味しいコーヒーやお茶を淹れて、読書やブログ作成してみたいものです。

※両方の建物とも階段はせまいので、昇り降りは注意してくださいね。
※展示は時期により異なります。事前に、お店に問い合わせや水の音ホームページをご確認ください。

【水の音】の基本情報

ジャンル:カフェ ギャラリー
エリア:岐阜市
住所: 岐阜県岐阜市新桜町12(カフェの住所)
電話:058-201-0122
営業時間:11:30〜18:00
定休日:水曜・木曜
駐車場:有り(6台)
ホームページはこちら

【水の音】カフェギャラリーで美と食を愉しむ

2017年オープンの岐阜市新桜町にあるカフェアンドギャラリー。カフェがある場所とすぐ隣に別館があり、ギャラリーになっています。時期ごとに様々な作家さんの作品が見られます。レンタルスペースとしても使用できるそうです。ランチやカフェとしても、落ち着いて過ごせる素敵な場所です。

ABOUT ME
ブルーのげん
ブルーのげん
岐阜在住の30代。ぎふのグルメや観光、暮らしの情報をお届けします。新しいお店や人気店など幅広くご紹介しますのでぜひチェックしてください。