2019年岐阜のお店 5・6月開店閉店情報
カフェ

【田中家珈琲】柳ヶ瀬で岐阜出身の有名画家の作品がみられる喫茶店のチョコレートパフェ

【田中家珈琲】柳ヶ瀬にある絵画も楽しめる喫茶店

岐阜市の柳ヶ瀬商店街のなかにある喫茶店。店の前のショーケースがある意味時代を感じさせるレトロなお店は店内はアートな雰囲気でとても素敵です。マスターもなかなかの異色の経歴のかたでお話してて面白かったです

場所は名鉄岐阜駅からは歩いて約12、3分ほど。柳ヶ瀬まではバスでも行けますし、であれば周辺に有料駐車場はたくさんあります。検索ですと「田中家本店喫茶」で表示されます。

上記貼り付けの地図の道を通るとこちらの看板が目に入ると思います。

昭和にタイムスリップしたような店内は味があって、今の時代には逆に新鮮に感じるほどです。柳ヶ瀬周辺はこういった古くから愛されるお店がたくさんあります。


店内にはアート作品が多く飾られています。こちらはマスターのご家族が書かれたものとのこと。

40年ほど前にアルバイトで働いてみえた子が書いた作品とのこと。色使いがすてきです。

 

【田中家】の由来は名前の通り、名前から来ているとのこと。両親から数年前に店を引き継いだと言われるマスター。その前は、名古屋でスナックを35年されていたとのこと。よほどお酒も強いのかなと思ったら、お酒は一切のまないそうで、飲まないからこそ長く営業されたのかなと思いました。

 

【PR】 【PR】

【田中家珈琲】のメニュー

メニューがこちら。ペアクリームは名前の通り、ヴァニラと小倉のアイスクリームのペアのセットとのことです、ペンで線が引いてあるものは今は取り扱っていないそうなのでご注意ください。

※メニュー・価格は2019年5月時点のものです。

【PR】 【PR】

【田中家珈琲】

友人にブログのトップのイラストや似顔絵を描いてもらっていて、その子とお茶しながらいろいろと世間話などをしていました。ちなみに、当ブログで書かれているトップの『ぎふのススメ』という文字はスマートフォンで書いたそうです。全然、仕事は絵とは関係ない友人は本当に天才だと思います(笑)

余談でしたが、お店の話に戻ります。店内で目を引いたのが何やら動物の形をした置物。これはサントリーウィスキーが年始に販売しているものとのこと。

注文したのは「チョコレートパフェ」と「ミックスジュース」両方とも380円でした。


アイスクリームの上にはホイップクリームチョコレートソースとお口の中はまさにスイートな感じになります。よくパフェというとコーンフレイクが入っていますが、こちらは入っていません。おそらく「エ〇ーゼ」のホワイトチョコ味が乗っていて、サクサクッといいアクセントになっていました。

ミックスジュース」もこれまた美味しいです。フルーツとミルクのバランスが絶妙です。


店内にはそのほかにも絵画など作品が多く飾られています。のんびりと絵を眺めながらお茶するのもいいでしょうね。

【田中家珈琲】には有名画家の作品がある!

岐阜県は各務原市出身の洋画家 坪内節太郎氏の作品が見られるんです。油彩を中心に、洋画の技術を使いながらも、日本の侘び寂び(わびさび)を取り入れています。

田中家のマスターはなんと、坪内節太郎氏から絵を習っていたそうです!だから本物の絵が飾られているんだと合点がいきました

どこか切ない雰囲気を感じさせる少女の絵。

 

こちらの抽象画というのかわかりませんが、自分は森の中の様子を描いたようにみえますがあなたはどのように見えますか?

【PR】 【PR】

【田中家珈琲】

ジャンル:カフェ
エリア:岐阜市
住所:岐阜県岐阜市日ノ出町1-8
電話番号:058-263‐1819
営業時間:13:00~17:00
定休日:不定休
駐車場:なし

【田中家珈琲】で美術鑑賞しながらお茶を

岐阜市の柳ヶ瀬商店街にある喫茶店。レトロな昭和を感じさせるお店を先代から引き継いだマスターは絵を描かれたり、スナックを営んでいたりと多彩な方です。店内はまるで美術館のようにアート作品が飾られています。岐阜県各務原市出身の洋画家 坪内節太郎氏の作品が展示されています。マスターが絵をならっていたことがご縁とのことでした。アートの世界に浸りながらお茶するのもいいかもしれません。

 

ABOUT ME
ブルーのげん
ブルーのげん
岐阜在住の30代。ぎふのグルメや観光、暮らしの情報をお届けします。新しいお店や人気店など幅広くご紹介しますのでぜひチェックしてください。