2020年岐阜のお店 10月11月開店閉店情報
岐阜観光

【2020年】第49回岐阜公園菊人形・菊花展に行ってきた

岐阜公園菊人形・菊花展とは?

毎年岐阜公園で10月下旬から11月下旬の約1ヶ月で開催される菊作りの名人たちの作品や菊人形、菊庭園などが観られる季節イベント。岐阜市主催で、岐阜公園愛菊会と岐阜市緑化推進研究会が共催で行われています。2020年で49回目の開催です。

2020年の開催期間
10月24日(土)〜11月23日(月・祝)※開催中無休
午前9:00〜午後5時までの開催
料金 無料

【PR】 【PR】

第49回菊人形・菊花展開幕したての10月下旬に行ってきました

菊人形・菊花展が始まってるなと思い、日曜の昼過ぎに行ってきました。立派な菊人形が観られました。菊の花は、ちょっとまだ早いかなという感じでしたが、いくつか写真を撮ってきたのでご紹介したいと思います。

入口は、岐阜市博物館側にあります。パッと見、緑が多くみえます、、、


案内図がありました。菊人形の場所もこちらで確認しましょう。

あれ?これはまだ咲いてないのかな?


あれあれ?2020年10月末時点ではあまり咲いていない状態でした。これからどんどん咲いていくのでしょう。

池の真ん中に、織田信長と濃姫の菊人形がありました。いい雰囲気でした。


すでに咲いているものもあったので何枚か写真におさめました。こんな花がいっぱいになるんですね。


濃姫の顔パネルもありました。思い出にどうぞ。

岐阜公園には板垣退助像があります。「板垣死すとも自由は死せず」という言葉が発せられたのが岐阜公園なんですね。

2020年10月末時点では、まだ菊はあまり咲いていませんでした。例年だとどうなのか、また来年も行ってみたいと思います。

 

 

 

【PR】 【PR】

菊人形・菊花展2回目観てきました

一回目が早めに行って、菊があまりみられなかったのでリベンジとして11月中旬に行ってきました。

今回は、菊がたくさん咲いている様子を見られました。開幕時間の9時頃に行きましたが、多くの人たちが岐阜公園周辺を散策されていました。


この菊は懸崖菊というらしいです。小菊が崖のようになっていますね。

前回も見た池の上の信長と濃姫の菊人形。紅葉が進み、ちょっと景色が違ってみえます。岐阜公園周囲の紅葉も進んでいて、全体的によりきれいにみえましたよ。

菊人形も衣裳が菊で色鮮やかにみえますね。それぞれにストーリーがあります。


菊庭園は地面いっぱいに色とりどりの菊が咲いていました。ミニサイズの三重の塔もありますね。

こちらは千輪仕立ての菊。一株でできるだけ多くの花を咲かせるよう仕立ててあるそうです。一株の菊がこんなに立派になるんですね。

あまり見たことない種類の菊もありました。

前回行ったときとまったく違う雰囲気でした。二回目も来てよかったです。

岐阜公園内に自然に咲いていた花。見た目からして菊科の花のようですね。

2回行ったことで、菊の花の変化も見られて、より岐阜公園菊人形・菊花展を楽しむことができました。来年もまたゆっくり散策できたらと思います。

菊人形・菊花展が行われる岐阜公園のアクセス・駐車場

▽公共交通機関
・JR岐阜駅より岐阜バス(11~13番のりば)からN(長良橋方面)系統乗車→「岐阜公園・歴史博物館前」下車徒歩5分

・名鉄岐阜駅より岐阜バス(4番のりば)からN(長良橋方面)系統乗車→「岐阜公園・歴史博物館前」下車徒歩5分

▽車
名古屋・関東方面から
東海北陸自動車道「岐阜各務原IC」より車で20分

駐車場は、堤外駐車場(普通車1時間310円)と少し離れた鏡岩緑地に駐車場があります。鏡岩緑地は、無料で普通車297台分停められます。

 

ABOUT ME
ブルーのげん
ブルーのげん
岐阜在住の30代。ぎふのグルメや観光、暮らしの情報をお届けします。新しいお店や人気店など幅広くご紹介しますのでぜひチェックしてください。
こちらの記事もおススメ