2019年岐阜のお店 11月開店閉店情報
和食

【神田町】岐阜日本料理隠れた名店。本当は教えたくないくらい美味しいものばかり!

 

 

【神田町】牛まぶしで有名なみわ屋さんで修業した大将の日本料理店

2014年にオープンした日本料理屋さん。お店の大将は岐阜県瑞浪市に本店がある牛まぶしで有名な【みわ屋】さんで修行されていたかたです。ちなみにみわ屋さんは岐阜タカシマヤ内にもありますよ。

渋い外観は最初通りすぎてしまったほど、隠れ家的な雰囲気がよいです。

名鉄岐阜駅から北へ歩いて10分ほど。柳ヶ瀬商店街の少し手前、神田町通り沿いにあります。

 

お刺身の魚介類だけでなく、天ぷらや煮物などどの料理もこだわりがつまっています。店主さんもおだやかな笑顔がすてきな方でした。

店主さんのご両親も岐阜県海津市にて「波乃家」といううどん屋さんをえいぎょうされているそうです。「神田町」という名前の由来は場所が神田町だったからだそうです。

店内は、奥にカウンター席、手前にテーブル席があります。

 

【PR】 【PR】

神田町】のメニュー

お造りや焼き物、天麩羅など食べたいものが見白押しです。岐阜らしく天然アユの塩焼きや稚アユの天麩羅もあります。ほかにも、熊本産の馬刺しなどもありました。

カウンター上にはおばんざいもありました。

日本料理ということで日本酒もずらりと並んでいました。

※メニュー・価格は2019年4月訪問時のものとなります。

【PR】 【PR】

神田町】はどれも美味しいものばかり

まずはお通し。あわびがでてきましたよ。コリコリ食感にすじこもついて、つまみに最高ですね。

じゃこのサラダ。じゃことキュウリやトマトに和風ドレッシングの会うこと。海そだちなのでじゃことか好きなんです。

わかさぎの天ぷら。カラッとあがった天ぷらはお塩か大根おろしでお好みで。

岐阜って海がないから、魚介類はあまり美味しくないことがあるんですが、こちらは仕入れているものがいいのか美味しいものばかり。これがお造りです。

マグロや平目、イカにアオヤギという魚など色々ありました。アオヤギという魚はしらず、よく酢味噌をつけて食べたりするそうです。

天ぷらが個人的に大好きで、こちらは「とうもろこしの天ぷら」。ちゃんととうもろこしはひとつひとつ向いた状態で口のなかでとうもろこしの甘さと塩をちょっとつけることで甘みと塩気のバランスがちょうどよく美味しかったです。

個人的に好きだったのは、「里芋のあげだし」。こちらは友人が注文したんですが大当たり。揚げた里芋にあんかけ、だいこんおろしが口の中に幸せを運んできてくれました。これはリピート間違いなしです。

今回は、友人とふたりで行って、ビール2杯(わたしは今お酒が飲めないのでお水)のんで、8,080円でした。かなり満足度はたかかったです。ご馳走様でした。

日本酒好きにおススメ!?

以前、はじめていったときに日本酒の飲み比べセットを友人が飲んでいたためご紹介します。岐阜の地酒をすこしずつ楽しめるので岐阜観光できたかたでも、地元のひとでも楽しめるのではないでしょうか?

 

お洒落なグラスに入って、親切にネーム入りです。それぞれに、特徴が書いてあってどれも美味しい。ちょっとだけ飲みたいという方におススメです。

 

【神田町】の営業時間など基本情報

ジャンル:日本料理
エリア:岐阜市柳ヶ瀬
住所:岐阜県岐阜市神田町
電話番号:058-265-7080
営業時間:ディナー 17:30~22:30
※ランチは予約のみ
営業日:不定休(事前に問い合わせをおすすめします)
駐車場:なし(公共交通機関もしくは近隣パーキングをご利用ください)
喫煙:可

まとめ

岐阜市柳ヶ瀬エリアの【神田町】は、落ち着いた大人の雰囲気でゆっくり日本料理を味わえます。お刺身や天ぷら、どの料理も個人的にははずれはないお店でした。近くにあったら常連になりたいくらいです。岐阜駅からも歩いていける距離なので、観光の際にもぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ABOUT ME
ブルーのげん
ブルーのげん
岐阜在住の30代。ぎふのグルメや観光、暮らしの情報をお届けします。新しいお店や人気店など幅広くご紹介しますのでぜひチェックしてください。