2019年岐阜のお店 6・7月開店閉店情報
カフェ

【空と月】真夜中の卵かけご飯。偶然が重なった何か不思議な縁を感じたお店。とろとろ軟骨カレーもおすすめ。

2019年5月19日情報変更と追加

51日令和元年初日に岐阜市にてオープンの古民家スペース&フェバー

令和の幕が開いたゴールデンウィーク中に友人宅でBBQをしました。締めにラーメンでも食べよう!と岐阜市の薩摩ラーメンの個人的名店「ごあすに行くことにするも定休日でした。

それでもお腹が空いたので違うお店に向かって友人とおしゃべりしながら歩いていたとき、たまたま見つけたお店が空と月でした。

営業時間は終了時間でしたが、明かりがついていたため覗いてみました。断られるかなと思いましたが、こころよく入店させていただけました。感謝です。
通常は営業時間に訪れてくださいね。

場所は、岐阜駅方面からでは県道152号線を各務原方面に進み「金園町10西」交差点を右折して、一本目の右手の角のお店です。

こちらが駐車場の案内図となります。時間帯により停められる場所が異なりますので、ご注意ください。

 

中に入ると、どこか見覚えのある後ろ姿が目に入りました。なんと、よく行く岐阜市のカフェ&サロン「リバーブのオーナーご夫婦が見えたのです。

偶然とはいえ驚きました。それこそ、先日ラテアートセミナーに行ったばかりだったのでなおさらです。

【PR】 【PR】

【空と月】古民家を利用したお店の様子

80年店内の様子をご紹介。入り口は段差がお子様といかれる場合などでご注意くださいね。

靴を脱いであがります。

内装は自分たちでこつこつとオープンに向けて取り組まれていたそうです。青と白のタイル張りがおしゃれで個人的に好みでした。

カウンター席ではわんちゃんがお迎えしてくれます。

古民家という感じをしっかり残した店内はなんだか温かい雰囲気。

月の形をしたライト。なんとも優しい光。お家に飾りたくなります。

あじさいのような雰囲気の水彩画はお店の雰囲気ともマッチしています。

店内は禁煙です。喫煙スペースは縁側のような場所にあります。

【PR】 【PR】

【空と月】のメニュー

こちらがメニューです。元食肉卸の仕事をされていただんなさん「元食肉卸のダンナ飯」の2種類も気になります。

 

バーとカフェのドリンクメニューは下記になります。

 

珈琲豆は岐阜市の金神社近くのカフェ「旅人の木」さんのものを使用しているとのことです。

 

メニュー・価格は20195月訪問時のものです。

【空と月】のたまごかけご飯

BBQでは野菜や肉を中心に食べたため、炭水化物で締めたかったので3人とも「卵かけご飯を注文しました。

卵は棚橋ファーム、お醤油は山川醸造の卵かけご飯専用醤油です。ちなみに棚橋ファームは安全・安心にこだわった「醍醐卵が有名なお店。卵の割り方が下手で殻が入ってしまいました。すみません。

山川醸造は岐阜市にある昭和18年創業の歴史ある醤油や豆味噌を製造している会社です。名前をクリックするとお店のHPが見られます。

醤油をかけていただきます。専用のお醤油でいただけるなんて最高です。

とろとろのたまごに、こだわり醤油がうまく絡みます。するするするっと入っていきます。

偶然の出会いも重なり、思い出の卵かけご飯となりました。

2019年5月17日追加

ダンナ飯」が気になり、後日、再度訪れました。そこでもまさかの偶然の出会いがありました。リバーブのヘアサロンで働いているスタッフのかたと珈琲豆を卸している旅人の木のお店の方、さらに「muro’s coofee roasters(ムロズコーヒーロースターズ)の方が見えたのです。出会いといっても僕は直接お話をしたわけではありませんが、なにか不思議な縁を再び感じました。

今回注文したのは、「トロトロ豚バラ軟骨玉子カレー」(1,000円)と「いちごカフェオレ」(600円)。

カレーはだんなさんこだわりで、なんと圧力鍋で2時間煮込んでいるんだとか。もともとは固い軟骨がトロットロでやわらかくて美味しいです。

カレーはスパイスが効いていますが、お子様でも食べられるように甘めの味付けになっています。玉子のトッピングはお好みでつけられます。(つけない場合は100円安くなります。)個人的には玉子とカレーの相性もいいのでつけたままをおススメします。

 

いちごカフェオレも美味しかったです。実は混ぜずに飲んだため、最初いちご感が強かったことは内緒でお願いします。混ぜて飲まれることをおすすめします。(というか考えればわかりますね笑)

訪れた際に本の話になり、店主さんが気になる本をぼくが持っていたためお譲りすることに。本を持っていくと、お礼で「自家製ジンジャーゆずクリームソーダ」(700円)をご馳走になりました。持っていた本は【空と月】にてシェアブックとしておいてもらうことになったので興味ある方はお店で聞いてみてくださいね。

前日の失敗を省みて、きちんとかき混ぜて飲みます。スプーンで底からすくうようにかき混ぜるといいですよ。

3度目の訪問にてトイレに入りました。トイレは古民家の味も残しながら清潔感もあり、一番手がかかった場所とのことでした。


玄関先の花もとてもきれいでした。

【空と月】のクラウドファンディング

【空と月】ではクラウドファンディングを2019年5月29日まで実施しています。カフェバーは1階で、2階をレンタルスペースにしてい詳しくとのこと。今後はクリエイターによるワークショップや各種イベントを開催予定とのことです。

wi-fiや電源、ホワイトボードもあるので様々な行事や会議などでも利用できそうです。

こちらのURLから詳しく見られるので、興味のある方はチェックしてくださいね。ちなみに自分も1,000円分参加させていただきました。1,000円でカフェチケットが2枚ついてくるので損はありませんよ!むしろお店にも貢献できるしお得感満載です。

空と月クラウドファンディングについてはこちら

【空と月】の営業時間など基本情報

ジャンル:カフェバー レンタルスペース
エリア:岐阜市
住所:岐阜県岐阜市月丘町3-8-4
営業時間:14:0022:00
定休日:月曜
駐車場:有
外に喫煙スペース有り
空と月のInstagram
アカウントはこちら

 

【空と月】古民家スペース&カフェバーでゆったり

岐阜市に令和元年初日の5月1日にオープンした【空と月】。築80年のカフェを改装したお店。1階はカフェバーとしてオープンしており、今後(2019年5月時点ではまだクラウドファンディング中)は2階スペースはレンタルスペースとして活用されるとのこと。各種イベントや会議等でも使用できるようになるようなのでお近くの方はチェックされると良いかもしれません。真夜中に食べた卵かけご飯忘れられません。

 

ABOUT ME
ブルーのげん
ブルーのげん
岐阜在住の30代。ぎふのグルメや観光、暮らしの情報をお届けします。新しいお店や人気店など幅広くご紹介しますのでぜひチェックしてください。