2020年岐阜のお店 11月12月開店閉店情報
岐阜モーニング

【アサ】岐阜市茜部の一日中モーニングを楽しめるお店

【アサ】2020年で創業47年の常連さんに愛される喫茶店

岐阜市南部(ほぼ笠松との境)の茜部にある喫茶店。現在2代目の店主が引き継がれて、先代の頃から合わせるとオープンして約50年(1972年創業)になるそうです。朝6時から営業されていて、閉店までドリンク料金のみで1日モーニングセットを楽しめます。ランチもあり、近所の方に愛される素敵なお店でしたので、ご紹介させていただきたいと思います。

お店の入り口にあるマスコット的な人形が印象的です!

【PR】 【PR】

【アサ】ゆったりモーニングしてきた

日曜の朝に、出かける前にモーニングで利用してきました。手指消毒して入店すると、店内にはすでに数組のお客さん、後からもお客さんが入ってきました。外の光が優しく差し込む店内は、4人掛けのテーブル席や大きめなテーブル席がありました。

外にはテラス席もあり、春や秋などはこちらでお茶するのも良さそうですね。

注文してから10分ほどでアサのモーニングが出てきました。約15種類から選べるモーニングから今回は「エッグマヨトースト」にしてみました。飲み物は「ウィンナーコーヒー」(480円)です。

エッグマヨトーストは、サクサクのトーストに卵がたっぷりのって、なかなか食べ応えがありますね。

アサのサラダはひと味違います。5種類ほどのドレッシングを月替わりで変えているそうで、こちらのサラダはトマト&ガーリックのドレッシングでした。この組み合わせは間違いないですが、サラダではあまり食べたことがなく、トマトの酸味にニンニクがいい具合にマッチして、なんだか食欲が増してきた気がします。

「気に入った方は買って帰られますよ」と店主さん。そう、サラダに使用されているドレッシングは店頭でも販売されているので、いいなと思った方はお土産に買って行かれてもいいと思います。

外に自転車が置いてあり、聞いてみると店主さんはサイクリングが趣味なんだとか。「最近は仕事で全然乗れてないんですけどね。自転車が置いてあるからか、同じように自転車に乗って来店される方もいるんですよ」と話されていました。1日モーニングがついてくるので、サイクリングやポタリングで朝よってもいいですし、昼休憩や午後の休憩で寄り道するのにもいいなと思いました。周辺は境川もあることから堤防沿いを自転車で走れたりするので気持ちよさそうだからいいなと思いました(自転車持ってないけど)。

 

【アサ】の由来について聞いてみると、苗字からつけているとのことでした。朝早くから営業(以前は5時からやっていたそう)されているから、アサなのかなと思っていたのは内緒です。1日モーニングを楽しめて季節限定のものもあるそうなので、次回は友達とお茶しに行ったりしてみたいなと思いました。ご馳走様でした。

【PR】 【PR】

【アサ】のメニュー

アサのメニューの一部をご紹介。まずはドリンクメニューです。値段別でドリンクが分かれていて、400円からワンコインで飲めるフロートなどがあります。真ん中には、おかわりモーニングやドリンク、プラスでつけられるものもあります。

こちらが基本のモーニングメニュー。サラダだけもあったり、色々選べるって嬉しいですよね。

14:00〜はドリンク代でフレンチトーストがついたりもします!朝カレーはプラス100円。

 

【アサ】お得に楽しむならコーヒーチケット

喫茶店といえばコーヒーチケットですが、アサは9枚綴りで3,000円。400円のドリンクが一杯当たり333円になりますね。ランチチケットもあるのはアサならでは!

【アサ】アクセスや駐車場について

岐阜方面からは国道21号線下川手I.Cを南下して、笠松へ向かう県道14号線を走って境川を越えると右手に見えてきます。

駐車場はお店の前にあります。

【アサ】営業時間など基本情報

ジャンル:喫茶店
エリア:岐阜市
住所:岐阜市茜部辰新1−150
電話番号:058-272−6278
営業時間:6:00~17:00(日曜・祝日6:00〜12:00)
ランチ 11:30〜14:00
定休日:第1・3・5水曜
駐車場:有り

【アサ】岐阜のモーニングを満喫しよう

岐阜市茜部(ほぼ笠松)にある創業約50年喫茶店。オープンの6時から閉店まで1日モーニングセットがついてきます。選べるモーニングは約15種類あります。お昼はランチ、14時以降はドリンク代でフレンチトーストなどがついてきます。素敵なお店ですのでぜひ行ってみてくださいね!

 

ABOUT ME
ブルーのげん
ブルーのげん
岐阜在住の30代。ぎふのグルメや観光、暮らしの情報をお届けします。新しいお店や人気店など幅広くご紹介しますのでぜひチェックしてください。