2020年岐阜のお店 9月10月開店閉店情報
岐阜観光

【美濃和紙あかりアート館】うだつの上がる町並みで美濃和紙を使用したあかりアートを楽しむ

【美濃和紙あかりアート館】伝統の美濃和紙を使用したあかりミュージアム

岐阜県美濃市うだつの上がる町並みにある「美濃和紙」と「あかり」をテーマにした美術館。一階は、和紙を使用したあかりの販売・一部作品展示、、二階は有料ギャラリーとなっていて、企画展や毎年美濃で開催される美濃和紙あかりアート展で受賞した作品を見学することができ、訪れたひとを楽しませてくれます。

【山水】岐阜県美濃市うだつの上がる町並みにある和食処のススメ【大正元年創業】【山水】大正元年創業の美濃のうだつの上がる町並みの食事処 岐阜県美濃市のうだつが上がる町並みの中にある老舗の食事処。創業はなんと大正元...

 

【PR】 【PR】

【美濃和紙あかりアート館】で知っておきたいこと

・建物は国の登録有形文化財


美濃和紙あかりアート館の建物は、もともと美濃町産業会館として使用されていました。2005年(平成17年)に国の登録有形文化財に登録されています。歴史ある建物は美濃の伝統工芸品を扱うのにはピッタリの場所ですね。

・美濃和紙は世界遺産!?

2014年にユネスコ無形文化遺産に「和紙:日本の手漉き和紙技術」として登録されました。美濃和紙のほかに、石州半紙(島根県浜田市)、細川紙(埼玉県小川町・東秩父村)と一緒に登録されています。本美濃和紙という手漉きの和紙造りの技術が評価されて、登録されています。

【PR】 【PR】

【美濃和紙あかりアート館】館内の様子

・1階フロアは和紙あかりの販売もしてる

1階フロアでは、写真のように和紙を使用したあかりの販売がされています。また、一部あかりアート作品の展示もされていて、すごい作品がずらりと並んでいますよ。

あかりのほかに、一輪挿しなども置いてありました。

 

・2階フロアはギャラリー

2階フロアは有料エリアのため、掲載できませんがとてもすごい作品ばかり並んでいます。常設展示として、美濃和紙あかりアート展で過去に受賞した作品や企画展などの作品が展示されています。

代わりに1階に展示されている作品をご紹介。中には、ユネスコ無形文化遺産登録記念特別作品も展示されていて、見ごたえがありますよ。

【山水】岐阜県美濃市うだつの上がる町並みにある和食処のススメ【大正元年創業】【山水】大正元年創業の美濃のうだつの上がる町並みの食事処 岐阜県美濃市のうだつが上がる町並みの中にある老舗の食事処。創業はなんと大正元...

【美濃和紙あかりアート館】入館料やシステム

2階の展示ギャラリーを見学するには一階のショップにて、入館料の支払いが必要です。

区分 個人 団体(20名~) 備考
美濃和紙あかりアートミュージアム常設展 200円 150円 高校生以上
美濃和紙あかりアートミュージアム
旧今井家住宅・美濃資料館 セット
400円 400円 高校生以上
美濃和紙あかりアートミュージアム
旧今井家住宅・美濃資料館
美濃和紙の里会館 セット
800円 800円 高校生以上

セット券なら旧今井家住宅・美濃資料館周辺の観光もお得にできます。美濃和紙の里会館は少し離れたところにあります(お車での移動推奨)。

美濃和紙あかりアート展に行こう

例年10月頃に美濃市のうだつの上がる町並みにて開催される”美濃和紙あかりアート展”。美濃和紙を使用したあかりアートの展示会で、全国から多くの方が応募します。どれも部屋にかざってみたくなるような素敵な作品ばかりです。その作品を期間中は、うだつの上がる町並みの中に展示して、夜になるとライトアップされて幻想的な世界が広がります。

美濃和紙あかりアート展は、1300年の歴史を誇る伝統産業の「美濃和紙」の再生と、後に重要伝統的建造物群保存地区に指定される「うだつの上がる町並み」の活性化・ブランド化を目的とし、平成6(1994)年に美濃市観光協会の美濃市制40周年記念事業として実行委員会を立ち上げ開催。
地域活性化アドバイザー花井孝氏(静岡市)の提案による本事業は、好評により翌年より継続事業となり、現在は四半世紀を超えます。
美濃和紙を使用したあかりのオブジェを一般・小中学生の両部門で全国から一般公募し「うだつの上がる町並み」に2日間にわたり屋外展示し審査を行います。
美濃和紙あかりアート展HPより抜粋

2020年はコロナウィルスの影響で、例年の開催とは異なる方法で開催されています。行かれる予定のかたは、美濃和紙あかりアート展HPをチェックしてみてください。

美濃和紙あかりアート展HP

【美濃和紙あかりアート館】アクセス

岐阜市から
車(所要時間45分) 岐阜各務原IC‐美濃IC‐うだつの上がる町並みへ
バス(所要時間1時間) 岐阜名鉄バスセンター‐長良川鉄道美濃市駅下車‐うだつの上がる町並みへ
電車(所要時間1時間15分) JR岐阜駅‐美濃太田駅‐長良川鉄道美濃市駅

【美濃和紙あかりアート館】の開館時間など基本情報

名称:美濃和紙あかりアート館
住所:岐阜県美濃市本住町1901-3
電話:057-533-3772
開館時間:
9:00~16:30(10~3月は16:00)
休館日:
火曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日
年末年始(12月29日~翌1月3日)
入館料
大人(高校生以上)200円 ※20名以上の団体 150円
中学生以下 無料
駐車場 20台
HPはこちら

【美濃和紙あかりアート館】うだつの上がる町並みへ来たらよりたい美術館

岐阜県美濃市うだつの上がる町並みにある「美濃和紙」と「あかり」をテーマにした美術館。美濃和紙を使用したあかりのオブジェが展示されています。毎年開催される美濃和紙あかりアート展の大賞作品などが展示されているので、見ごたえがありますよ。和紙を使用したあかりの販売などもしているので、美濃市に観光に行かれた際は是非お立ち寄りしてくださいね。

 

 

ABOUT ME
ブルーのげん
ブルーのげん
岐阜在住の30代。ぎふのグルメや観光、暮らしの情報をお届けします。新しいお店や人気店など幅広くご紹介しますのでぜひチェックしてください。