2019年岐阜のお店 6・7月開店閉店情報
岐阜観光

岐阜市の炎と音の奇祭!?【手力の火祭・夏2018】のお祭りレポート

 

お盆休みで、夏の思い出を作ろうと思って、岐阜市のあるお祭りに行ってきました。想像以上に楽しむことができたお祭りのレポートしたいと思います。

今回行ったお祭りは、岐阜市長良川河畔で開催された【手力の火祭・夏】です。

【手力の火祭・夏】ってなに?

毎年4月に開催される岐阜市の手力雄神社の火祭り。その夏バージョンが、場所を長良川河畔に移して、毎年8月に開催されます。

2018年は、平成最後の夏、火祭り夏も今年で30回目の記念のお祭りとなりました。

【PR】 【PR】

【手力の火祭】ってなに?

 

手力の火祭

手力雄神社の例祭で毎年4月第2土曜日に行われています。この祭りの起源は不明ですが300年以上の歴史を持ち、岐阜県重要無形民俗文化財に指定されています。滝のように降り注ぐ火の粉の中、火薬を仕込んだ神輿を担ぐ上半身裸の男達。神輿の火薬に火がつくと神輿からも火の粉が吹き上がり迫力満点です。その間を鐘を鳴らしながら乱舞する男達、爆竹の轟音…まさに音と火の勇壮な祭りです。

引用:岐阜市ホームページより

【PR】 【PR】

【手力の火祭り・夏】について

手力の火祭り・夏は、春の手力雄神社の火祭りとは異なり、観光客のかたにも楽しんでもらえるようにと、開催されています。

場所は、長良川公園(長良橋北詰)。春の火祭りは、昼間14:00頃からイベントがありますが、手力の火祭り・夏は18:45~です。

2018年手力の火祭・夏のタイムスケジュール

18:45開会
18:50オープニングパフォーマンス
19:30県重要無形民俗文化財「手力の火祭」再演
21:00頃終了

 

【手力の火祭り・夏】に行ってきた

2018年8月12日(土)火祭り当日は、夕方まで大雨が降っていました。

開催するのか、問い合わせ先に電話してみるも、休みの日だからか応答なし。(開催の情報をなにかしらアナウンスしてくれればいいんですが、今のところない様子)ツイッターでギリギリまで、情報を確認すると開催する様子。現地に行ってきました。

18:30頃 会場到着

観客は300人ほど。少しずつ増えてきている。雨はパラパラ。遠くの空では稲光が光っていて、開催できるのか心配になった。会場付近雨の影響か、普段は出店などもあるようだがしまっている。

お祭りのBGMを聞きながら、祭りの開演を待つ。
そして、その時がきた。

18:45 手力の火祭り・夏の開演

司会の進行で
・岐阜市長柴橋正直さんの開会の挨拶
・地元高校生のダンスパフォーマンス
(ほかにもパフォーマーのかたはいたが、天気の影響で変更)
で、お祭りが始まった。

19:00 県重要無形民俗文化財「手力の火祭」スタート

30周年特別仕掛け花火

今年は、手力火祭・夏が30周年ということで、特別な仕掛け花火があった。「平成ともに歩んで30周年」の火文字は途中まで点いたけど、あと一文字が残念ながら点かなかったです。雨だったので仕方がないですね。

 

↓30周年特別仕掛け花火 ぎふのススメ動画↓

 

御神灯点火

はじめに、各町内のご神灯の点火。それぞれの町内で花火の仕掛けをした行燈に順番に点火していきます。ここでもやはり雨の影響で、行燈に点火がうまくできない町内が多かったです。

きちんと点くと、このように行燈がきれいに輝きます。

時間が経つと、行燈の色が変わっていきました。

↓手力火祭・夏御神灯点火 ぎふのススメ動画はこちら↓

 

打ち上げ花火神輿入場

各町内のお神輿が入場してきます。各町内でこれでもかというくらいにド派手な電飾の飾り神輿と音に圧倒されます。これから始まる宴への期待が高まります。

↓手力火祭・夏神輿入場 ぎふのススメ動画はこちら↓

 

滝花火・花火神輿点火

いよいよ手力火祭・夏の本番のスタート。滝花火に点火して、そのあと、柱につけられた仕掛け花火に点火されます。

点火された仕掛け花火に一気に火がつき、火柱となります。遠くから見ても、火柱の臨場感が伝わってきました。

お神輿にも、花火がついていて、そこにも火がつき、炎の勢いが増していきます。お祭りに参加している人たちが、その激しい炎と爆竹の音の中で、豪快に走り回る様は圧巻です。

 

↓手力火祭・夏滝花火・花火神輿点火 ぎふのススメ動画はこちら↓

 

地割れ花火

打ち上げ花火を地上で爆発させる「地割れ花火」は、本祭にはない、手力火祭・夏の限定演出。間近でここまで立派な花火が見られることはそうありません。

↓手力火祭・夏地割れ花火 ぎふのススメ動画↓

 

 

手筒花火

350本ほどの手筒花火を持って、一斉に点火します。こちらも見た場所は少し遠かったですが、十二分に迫力がありました。

↓手力火祭・夏 手筒花火 ぎふのススメ動画はこちら↓

閉会

2018年は、悪天候の影響で、例年のタイムスケジュールは異なったようですが、ド派手な神輿に爆竹の中をお祭り男たちが踊るように舞う姿は圧巻でした。
岐阜市の夏の風物詩”手力火祭・夏”を満喫できた夜でした。

 

↓手力火祭・夏2018 ぎふのススメ動画↓

【手力の火祭・夏】の基本情報

会場:岐阜県岐阜市長良川公園

開催時期:毎年8月第2土曜

雨天時:少雨決行、荒天・増水時は中止の場合あり

駐車場:なし

当日午後6時30分から午後9時30分まで長良橋~金華橋間の道路が交通規制あり

公共交通機関でお越しください

岐阜バス長良橋方面行き「鵜飼屋」下車

そこから徒歩3分

問い合わせ:058-265-3984(岐阜市観光コンベンション課)

岐阜市ホームページはこちら

【まとめ】

手力雄神社の火祭・夏は、手力雄神社の火祭を観光客も楽しめるようにと、長良川河畔で、毎年開かれているお祭り。爆竹が鳴り響く中、火柱の周りをお神輿を担いで、男たちが豪快に走り回る勇壮な姿は圧巻。地面で打ち上げ花火を爆発させる「地割れ花火」も見物。来年にも期待が高鳴ります。

ABOUT ME
ブルーのげん
ブルーのげん
岐阜在住の30代。ぎふのグルメや観光、暮らしの情報をお届けします。新しいお店や人気店など幅広くご紹介しますのでぜひチェックしてください。