2019年岐阜のお店 6・7月開店閉店情報
岐阜観光

【柳ヶ瀬ジュラシックアーケード2018】恐竜との遭遇レポート

岐阜の柳ヶ瀬商店街で、毎年9月に開催されている【柳ヶ瀬ジュラシックアーケード】に行ってきたので、レポートしたいと思います。

【柳ヶ瀬ジュラシックアーケード】ってなに?

※柳ヶ瀬ジュラシックアーケードのチラシ

柳ヶ瀬ジュラシックアーケードは毎年9月に、岐阜市の繁華街柳ヶ瀬商店街にて開催される巨大な恐竜のロボットがやってくるイベント。
2018年で8回目の開催となります。巨大な恐竜ロボットと写真を撮ったり、化石の発掘体験ができたりと、恐竜に関する企画が盛りだくさんのイベントは、毎年2日間の開催中で9万人が来場する大イベントなんです。ちなみに、ティラノザウルスなど本物そっくりな恐竜ロボットの制作は<郡上ラボ>という会社が毎年製作しているそうです。

↓柳ヶ瀬商店街のおススメスイーツのお店はこちら↓
[blogcard url=”https://brunogen.com/%E3%80%90%E3%83%84%E3%83%90%E3%83%A1%E3%83%A4%E3%80%91%E5%B2%90%E9%98%9C%E5%B8%82%E6%9F%B3%E3%83%B6%E7%80%AC%E3%81%A7%E5%8F%A3%E3%81%A9%E3%81%91%E3%81%AA%E3%82%81%E3%82%89%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%82%89″]

【PR】 【PR】

【柳ヶ瀬ジュラシックアーケード】の企画・イベント情報

【柳ヶ瀬ジュラシックアーケード】はイベント盛りだくさん。

・巨大ティラノサウルスト写真撮影
専門のカメラマンが撮影してくれた写真をポストカードにして来場者にプレゼント
恐竜と写真を撮ろう
10:00~の時間帯限定(各時間先着30名様)でティラノサウルス、トリケラトプス、プテラノドン、ステゴザウルスなど恐竜と写真が撮れる!
オリジナル恐竜ワークショップ(やながせ倉庫にて)
本物の化石!?発掘体験
参加費500円で本物の恐竜の化石、アンモナイトやサメの歯の化石がもらえるかも!?
(数量限定)
化石のレプリカ(複製)作製
兵庫県丹波のゆるキャラ”ちーたん”と首長竜の丹波竜がやってくる(柳ヶ瀬ふれあいステーション)
などなど恐竜に関係するイベントが盛りだくさん。
そのほかにも、
鮎の塩焼き販売(9日のみ)
「はぴやな」も開催
日ノ出町で子供たちが主体のお店を限定オープン!?
など、イベント多数の二日間は柳ヶ瀬商店街が”歩けば肩がぶつかる”ほどのいつも以上に活気ある街に変わります。もちろん、柳ヶ瀬ジュラシックアーケード恒例のスタンプラリーもあります。

スタンプをすべて集めると「サメの歯の化石」がもらえる!?
※参加にはスタンプカード(1枚300円)が必要です。
スタンプは全部で10種類あります。
【PR】 【PR】

【柳ヶ瀬ジュラシックアーケード2018】に行ってきた

実際に、30代独身の筆者が、柳ヶ瀬ジュラシックアーケードに行ってきたのでレポートしたいと思います。
会場到着

岐阜市長良橋通りの神田町3交差点から、神田町6交差点が交通規制で一般車両は通行止めになっていました。行かれる際は、周辺コインパーキングに駐車、もしくは、バスや電車など公共交通機関で行ってくださいね。

<同時開催BRTトランジットモール2018公共交通フェスタ>もやってました。
バスやタクシーなどの展示やおえかきラッピングバスなど無料参加できるものやステージパフォーマンスなどの公共交通機関に関するイベントのようです。

道路わきには、ご当地高山ラーメンやクレープやタコスなどのお店がずらりと並んでいました。

座って食べられるようにベンチも置いてありました。

柳ヶ瀬ジュラシックアーケードへ
さあ、柳ヶ瀬商店街のアーケードに到着です。

14:00すぎに到着したんですが、アーケード内は多くのひとで賑わっていました。


柳ヶ瀬商店街のアーケード入り口には、いきなりティラノザウルスがいました。本物そっくりで(本物見たことあるわけないけど)、ほんとに大迫力です。しかも、これロボットなので動くんですよ。

恐竜の説明もあるので、知識不足(自分)のひとでも勉強しながら楽しめます。


ティラノザウルスと写真が撮れるということでお子様連れの家族の列ができていました。カメラマンが撮ってくれて、しかも1分で記念カードにしてプレゼントしてくれるなんてすごいですね。

柳ヶ瀬商店街のあちこちに恐竜がいる
柳ヶ瀬商店街の通りのあちこちに恐竜のロボットが展示してあります。探検のように歩きながら恐竜をお子さんと探すのは楽しそうです。

イグアノドン。
”イグアノドンIguanodon)は、メガロサウルスと並んで恐竜研究史の最初期に発見された鳥脚類和名禽竜(きんりゅう)。”
引用:wikipediaより

ステゴサウルス。
”ステゴサウルス学名Stegosaurus)は、ジュラ紀後期から白亜紀前期にかけて、現在の北米(Stegosaurus armatusS. mjosi)と中国(S. homeheni)に生息していた、体長7メートルほどの植物食恐竜。恐竜の中でも特に有名な属の1つである。”
引用:wikipediaより


パラサウロロフス。
”パラサウロロフス (Parasaurolophus) は、中生代白亜紀後期の北アメリカ大陸に生息した大型の鳥脚類属名は「サウロロフスに近い」の意。ただし、サウロロフスとは特に近縁という訳ではない。”
引用:wikipediaより


タペヤラ。
タペヤラ学名Tapejara)は、白亜紀前期に南アメリカに生息していた翼指竜亜目翼竜。南米で発見された歯の無い翼竜としてはトゥプクスアラに続いて2番目のものである。タペジャラと表記されることもある。
引用:wikipediaより
見たことない恐竜。トサカ?がインパクトあります。

プテラノドン。
”プテラノドン学名Pteranodon)は、中生代白亜紀後期の約8,930万- 約7,400万年前(詳しくは、中生代白亜紀後期前期- 同後期、コニアク階– カンパニア階。年代の詳細は「地質時代」で確認可能)に生息していた翼竜の一種(1)。”
引用:wikipediaより
プテラノドンは空を飛んでいました。大きなくちばしをひらいたり、羽根をはばたかせる姿は大迫力で、まるで映画「ジュラシックパーク」のようでした。


スピノサウルス。
”スピノサウルス学名:Spinosaurus)は、中生代白亜紀前期から後期(約1億1200万 – 約9,700万年前)の現アフリカ大陸北部に生息していた獣脚類(肉食恐竜属名は「トカゲ」を意味する。”
引用:wikipediaより

ジュラシックパークなどは見たりして、ティラノザウルスやプテラノドンなどの有名な恐竜は知っていたけど、知らない恐竜も多かったです。
楽しみながら恐竜の勉強もできるのでお子さんの社会見学にいいですね。

バルーンアートの恐竜もいた
リアルな恐竜のロボットばかり見ていたので、のほほんと癒される感じでした。こういうの大事ですよね。

ワークショップもやってました


本物の化石発掘体験や恐竜の缶バッチ製作(300円)など多くの子供たちが夢中になって楽しそうに取り組んでいる姿は可愛らしいもんですね。童心に返ってやりたくなりました。

商店街の通りのなかにも、恐竜のグッズやカキ氷などの屋台のお店もありました。商店街のなかは熱気でいっぱいなので、冷たいカキ氷などのお店は行列ができていました。

柳ヶ瀬ジュラシックアーケード協賛店は特典や割引がある

協賛店ごとに特典の中身は違って、柳ヶ瀬商店街の新たなお店を発掘する楽しみもあります。

↓柳ヶ瀬商店街のおススメお土産 ベンテンドーのくりこもち↓
[blogcard url=”https://brunogen.com/%E3%80%90%E5%BC%81%E5%A4%A9%E5%A0%82%E3%80%91%E7%A7%8B%E3%81%AE%E9%A2%A8%E7%89%A9%E8%A9%A9%e3%80%80%E3%81%8E%E3%81%B5%E3%81%AE%E5%90%8D%E5%BA%97%E3%81%AE%E7%B5%B6%E5%93%81%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%93″]

美味しそうな露店を発見
日ノ出町のあたりをぶらぶらしていると、なんかおしゃれな露店を発見。
岐阜市雨踊町(すてきな名前)にあるカフェ「こびとのすみか」さんが、毎月第2土曜日に<はぴやな広場>というものを開催されていて、今回もイベントに合わせて出店されていました。


こびとのすみかで販売しているクッキーなどが販売されていました。

ジュラシックアーケードということで、ホームメイドな恐竜クッキーも売っていました。


フルーツタンサン(炭酸)割りなるものがあるので買ってみました。

こちらのフルーツシロップを炭酸で割っているんですね。


パイナップルのタンサン割り(450円)。歩きつかれた体に、パイナップルの炭酸割りは癒しとなりました。炭酸はそんなに強くなく、自然な感じでパイナップルの酸味も控えめで甘めで飲みやすいドリンクでした。恐竜クッキーも買ってみました。

恐竜クッキーをたべてみた
家に帰るまでが、柳ヶ瀬ジュラシックアーケードということで、家で恐竜クッキーを食べてみました。


こちらが恐竜クッキー(350円)です。可愛らしいパッケージですね。

開けてみました。恐竜は、プテラノドンでしょうか。恐さはなく、癒されます。


十字架の?クッキー。

黒いのは岩?のイメージでしょうか。なんで紫色なんだろうと食べてみると、ほのかにお芋の香りがしました。紫芋を使用したクッキーなんですね。美味しかったです。黒いのはかりんとうみたいな感じで少し固めでした。
はじめての柳ヶ瀬ジュラシックアーケードは大人の私でも意外と楽しめちゃうイベントでした。いつか子供と来れたらな、なんて考えてしまいました。

 

【柳ヶ瀬ジュラシックアーケード2018】の基本情報

※地図は柳ヶ瀬商店街振興組合連合会
開催日:2018年9月8日~9日(雨天決行)
開催時間:10:00~17:00
場所:柳ヶ瀬商店街
問い合わせ先:岐阜柳ヶ瀬商店街振興組合連合会
058-262-6261
柳ヶ瀬ジュラシックアーケードFacebookページはこちら

【まとめ】

岐阜市の繁華街柳ヶ瀬商店街にて、毎年9月に開催される【柳ヶ瀬ジュラシックアーケード】は、2018年で8回目。巨大ティラノザウルスやプテラノドンやステゴザウルスなどの恐竜と記念撮影ができたり、会場をまわりながらスタンプラリーや化石発掘のワークショップなどイベント盛り沢山。郡上ラボが製作する恐竜ロボットは大きな口を開けたり、羽を羽ばたかせて動くので、迫力満点です。柳ヶ瀬商店街の協賛店舗では特典や割引サービスもあり、ご家族連れだけでなくても楽しめるイベントです。

ABOUT ME
ブルーのげん
ブルーのげん
岐阜在住の30代。ぎふのグルメや観光、暮らしの情報をお届けします。新しいお店や人気店など幅広くご紹介しますのでぜひチェックしてください。