2019年岐阜のお店 6・7月開店閉店情報
名物・お土産

【げんきお千代保稲荷店】ソースだけじゃない串カツの食べ方のススメ

岐阜県、とくに岐阜市周辺に住む住人は、月末にの夜になるとある場所に行きたくなります。

そこは、岐阜県海津市にある”お千代保稲荷神社”です。なんで、月末の夜に、神社に行くのでしょうか?今回は”お千代保稲荷神社”参道にある変り種串カツのお店を紹介したいと思います。

お千代保稲荷ってなに?

おちょぼさん”の愛称で知られるお千代保稲荷神社は、岐阜県海津市にあります。お千代保稲荷は、京都の伏見稲荷、愛知の豊川稲荷と並び、日本の三大稲荷のひとつと言われているとか。

毎月月末の夜から、翌1日の明け方にかけて、<月並祭>が開催され、その日は、老若男女問わず多くのひとが参拝に訪れます。

これが<月並祭>の夜のお千代保稲荷参道。夜中0時近くでもこんなにひとがいるんです。みなさん、参拝して、おちょぼさん名物の串カツを食べたりして、思いおもいに過ごします。

【PR】 【PR】

【げんきお千代保稲荷店】ってどんなお店?

お千代保稲荷参道を歩いていると、赤い看板に「げんき」と書かれた店があります。【げんきお千代保稲荷店】は、串カツ・どてをメインに、ラーメンや丼ものも提供しています。

外観はこちら。玉屋を始め、ほかの串カツ屋さんと同様、店先で串カツを食べることができます。

 

串カツは外で食べられますが、もちろん店内でも、ラーメンや丼ものは御食事をすることができます。

 

【PR】 【PR】

【げんきお千代保稲荷店】のメニュー

メニューはこちら。サザエつぼ焼きや豚味噌角煮など、お酒に合いそうなメニューもありますね。

 

串カツも一本90円。しかも、串カツにつけられるのは、ソースとみそだけでなく、カレーやおろしもあるんです。うずら卵フライも同様にソース4種つけられます。

ほかの店ではなかなかみられません。期待が高まります。

 

【げんきお千代保稲荷店】の串カツを食べてみた

こちらがお千代保稲荷の定番の豚串カツ(ソース)。大阪は牛串カツが多いですが、豚も意外とあっさりしていて何本も食べられます。

こちらが、超おススメの串カツ(カレー)。カレーソースが合わないわけがありません。ソース、カレー、ソース、カレーと交互に食べちゃいました。

 

こちらは、串カツ(おろし)。ソースやカレーの濃いめのソースに少し飽きてきたら、おろしをはさんでみましょう。さっぱり食べられるおろしは豚串カツと相性がいいです。
そして、また、ソース、カレー串カツに戻り、ほぼ永遠に食べられます。

 

 

 

【げんきお千代保稲荷店】のおススメポイント

・串カツのソースがソース・味噌・カレー・おろしから選べて一本90円

・どて串やうずらなどの串ものもどれも美味しい

【げんきお千代保稲荷店】の営業時間やアクセスなど

ジャンル:串カツ ラーメン 丼もの
エリア:海津市
住所:岐阜県海津市平田町三郷1132
電話番号:0584-66-4580
営業時間:平日 10:00~15:30
土日祝日 10:00~16:00
毎月最後の日 10:00~翌2:00頃まで
定休日 :不定休(平日雨の日はお休み)
駐車場:お千代保稲荷駐車場
喫煙:可

 

【まとめ】

【げんきお千代保稲荷店】の串カツは、ソースと味噌だけじゃない。スパイシーなカレーソースやさっぱりおろしは串カツに合います。お千代保稲荷の串カツは、玉屋さんだけじゃない。是非食べ比べてみてください。

 

ABOUT ME
ブルーのげん
ブルーのげん
岐阜在住の30代。ぎふのグルメや観光、暮らしの情報をお届けします。新しいお店や人気店など幅広くご紹介しますのでぜひチェックしてください。